家族葬の際、注意したいのは?

家族葬における注意点について

家族葬における注意点について 家族葬は、近年において執り行われている葬儀の形態として非常に増えています。しかし、葬儀の形態にこだわられている方においては、一般葬を根本として考えていることが多くあります。そのため、家族葬に対してなじみがないことはもちろん、簡素的な印象を与えてしまうこともあります。さらには、様々な戸惑いを与えることにもなりかねません。その上で、家族葬においていくつか注意したいポイントをご紹介いたします。

特に心掛けておきたいポイントの一つとしては、誰を参列者として連絡をするかです。親族はもちろん、どのあたりまで連絡をするかを抑えておく必要があります。遠方の方、お付き合いがある方、疎遠になられている方など、それぞれに故人との繋がりがあります。その点を踏まえて、参列者として招く予定がない方を含めて、連絡を入れる必要はあります。もちろん、メールやSNSでは連絡の行き違いや簡素なイメージを持たれてしまいますからおすすめできません。電話か文書による手段が必要となります。

しかし、連絡を受けた場合でも、親族はもちろん、故人と直接つながりがある方は、弔問に来られる場合があります。法要をする機会を設けることもできますが、その予定がないケースもあるでしょう。参列をお願いした方以外の弔問の対応に追われてしまい、心身共に疲れてしまうことも考えられます。弔問に訪れた際に、一般葬を行わなかったことへの説明を求められたり、不満を言われることもあります。その点を含めて、葬儀後の挨拶状を送付する際には、文書にて家族葬を選んだことへの説明をするなどして、理解を得ることが必要です。

故人の意向を組んで行う家族葬によっては、故人の好きだった個性の強い音楽・設営を用意される方もいます。その場合においては、厳粛な葬儀をお考えの方は、不満を抱きかねません。その際には、故人が生前の間でも構わないので、菩提寺及びご親族などに家族葬の流れについて説明をすることが必要です。また、葬儀の内容によっては、葬儀会社・斎場では対応困難な場合もありますから、希望の形態がある場合には、予め確認することをおすすめします。

家族葬を行う際には、後々のトラブルを避けるためにも、予め周囲の方々にその旨を連絡することが必要です。間に合わない場合には、葬儀後の挨拶状による報告がすすめられます。故人がこだわられている家族葬のご希望がある場合は、菩提寺や葬儀会社などに確認をとることがおすすめです。

最新記事