家族葬にて香典・供花・弔電の取り扱いについて

家族葬においては、親族の参列が基本となりますが、香典・供花・弔電などを渡しに来られる方がいます。もちろん、基本的にはお断りする場合が多いのでしょうが、故人との付き合いの深さなどを考慮して、やむを得ず受け取られる方もいます。

しかし、そのような事態が想定される場合では、一般葬と変わらない事態となります。そのためにも、近親者はもちろん、葬儀会社とも予め確認をとることがおすすめです。当日来られる方など、不測の事態も起こり得ます。その辺りも細かな対策をすることで、そのような事態にも対応しやすくなります。

むげにお断りできないということで、香典を受け取った場合には、香典返しの問題が出てきます。その上、予め家族葬で行うという連絡をしておいても、複数の組が来られた場合には、受付の手配が必要です。そのような事態をなくすためにも、方針を定め対策を練っておきましょう。

弔電についてですが、会社関係など故人との関係の深い方が送ってくる場合もあります。その場合は、家族葬を行った経緯及び事情を説明したうえで、弔電に対するお礼を入れる必要があるでしょう。その他として、訃報を知り、手紙などを郵送される方もいます。その方々にも、落ち着いた時で構わないので、電話などで事情を説明すると良いでしょう。

香典については、受け取ることにすると香典返し・葬儀当日の受付の手配も必要になってしまいます。その場合に備えての準備を葬儀会社とも予め確認することがおすすめです。弔電をいただいた際にも、落ち着いた頃に電話で構わないので、連絡を入れると良いです。