家族葬に呼ばなかった人に対する配慮・連絡

家族葬を行うにあたって、ご親族様などごく近い関係者のみで行うにあたっては、参列をされない方に対する連絡は欠かせません。

連絡を受けなかった方からしたら、不快に思われたり、教えていただけなかったことへの疑問を持たれかねません。葬儀後もお付き合いはありますから、家族葬を行うにあたっての趣旨及び、御香典や弔電などをお断りする場合には、その旨正確な連絡報告が必要となります。

次に連絡するにあたっての順位も決めておくと、スムーズな連絡をすることに繋がります。喪主からの連絡が概ねの流れではありますが、ご高齢の方だった場合などでは、ご家族様が代理でされることもあります。その際は、連絡する際の役割を決めて、伝え方や方法においても配慮をすることがおすすめです。ご不明な点は、葬儀会社に確認をしても、お応えしてもらえます。

また、家族葬を行うにあたっても、一般葬を思われる方もいますので、葬儀の趣旨についても正確に伝える必要があります。その上で、後日弔問に訪れたい方や、お線香をあげに来られたい方、法要の有無について確認される方もいます。それぞれの対応に対しても、お応えで出来るように親族間での話し合いをすると良いです。

家族葬の連絡をするにあたっても、担当者を決めておくとスムーズに事が運びやすくなります。それでも、弔問など何かしらの形で来られたい方もいますので、その報告も正確に行うことが求められます。親族者様及び近隣の方には、トラブルにならないよう、特に心掛けておくことの一つとなります。